(5)人形の寿幸

 
そろそろ慣れてきましたか?
浅草橋にきたら是非この「人形の寿幸」に足を運んでください。
 
お店の前もしくは駅前でチラシ配りをしています。
チラシをもらいつつお店に入ると通路が狭く迷路状になっており、買うまで帰さないぞという意思が感じられます。(買わなくてもちゃんと帰してくれるのでご安心下さい。)
迷路の奥へ行くほど高価な人形が置いてあります。
また問屋街では常識ですが、1Fよりも2Fにより高価な人形を置いています。
 
ちょっと人形を眺めていると70代と思われる店員が営業してきます。
「値札が正価の○割引、そこからさらに○割引くから、合計○○割引!」
「だからこれは△△△円だよ!!」
こちらはまだ何も言っていないのにこの攻撃力です。
この街の特徴なのか、高齢だからなのかわかりませんが、こちらの話は聞きません。
なりふり構わない攻撃はここからが本番です。
「これは△△△円だよ!!」
「隣の××さんは絶対値引きしないけどうちは問屋だから安くするよ!!」

帰ろうとすると、「ちょっとまって!!」
とエレベーターへ消えていきます。
しばらく待つと「今社長に聞いてきた!△△円でもいいって!!」
ずいぶんとがんばってくれます。

 
ちなみに、人形本体とその他のパーツ(台、屏風、刀、ひな壇など)の組み合わせを在庫のある同じ価格カテゴリーから自由に選ぶことができました。他にないオリジナルな組み合わせを買いたい場合は人形の寿幸がお勧めです。
隣に展示してある屏風をこの人形にといった買い方でできます。
「うちは問屋だから組み合わせは自由だ!」とのことです。

 
2階にオムツを交換するベビーベッドがあり、購入しなくても店員に言えば気軽に貸してもらえます。高価な人形のまん前にベビーベットが置いてあります。
他のお客さんがいてもかまわずオムツ交換してください。それがベビーベッドの位置から伺えるお店からのメッセージです。
 
展示されている人形は他のお店よりもちょっとコストパフォーマンスに優れている印象があります。

 
          営業力★★★★★
人形のコストパフォーマンス★★★★★
           融通★★★★★

ホームページ:ningyo-jukou.com/
お店の該当ホームページを印刷し条件を満たすとカタログギフトがもらえるなど、営業力・企画力が光ります。